ベンツ Aクラス衝突安全情報

ベンツ Aクラス衝突安全情報

メルセデスベンツの中では最もコンパクトなAクラスは、構造面でも特徴があります。当初電気自動車用に設計されたため床が二重構造になっており、これを活かして前面衝突時のパワートレーンの衝撃吸収エリアとして活用されています。重心が比較的高かったため、転倒防止対策としてESP機構が採用されています。
今のところ、このモデルの衝突安全性試験はヨーロッパのEURO-NCAPだけが公開しています。最新モデルほど衝突安全性能は向上しています。

ベンツ Aクラス W168

メルセデスベンツAクラス最初のモデルW168の自動車アセスメントを実施したヨーロッパのEURO-NCAPでは、大人の乗員に対する試験結果だけが公表されています。
具体的なテスト数値は、前面衝突試験が 11 (69%)、側面衝突試験が 16 (89%)、トータルとして 27 (79%)となり、表のような評価となりました。

ページ下部にEURO-NCAPの衝突安全性試験に使用されたテスト車両の仕様を表記しておきます。

Merceds-Benz A-class W168
年式 IIHS UN-CAP EURO-NCAP
Frnt Side Rear Front Crash Side Crash Roll
over
大人 歩行 子供
Driv Pass Frnt Rear
1998-
2005
- - - - - - - - 4 - -
(IIHS:G=Good, A=Acceptable, M=Marginal, P=Poor)
(US-NCAP/EURO-NCAP:5=Good,1=Poor)
(評価データの見方はページ下「衝突安全性試験内容」記事をご覧下さい)

EURO-NCAPで評価に使用したテスト車情報

メーカー、モデル
Mercedes-Benz A140
車種
5ドア ハッチバック
年式
1999年モデル
車両重量
1070 kg
安全装備
twin front and side (thorax) airbags,
front and rear (outboard) seat belt pre-tensioners,
belt load limiters, power steering.

ベンツ Aクラス W169

メルセデスベンツAクラスの現行モデルW169は、数々の安全装備を追加しより信頼性の高い車になりました。とくにESPを標準装備し懸念があった転倒防止に役立っています。
Aクラスも、最新モデルほど衝突安全性能は向上しています。

ページ下部にEURO-NCAPの衝突安全性試験に使用されたテスト車両の仕様を表記しておきます。ヨーロッパで販売されているAクラスの標準仕様です。

Merceds-Benz A-class W169
年式 IIHS UN-CAP EURO-NCAP
Frnt Side Rear Front Crash Side Crash Roll
over
大人 歩行 子供
Driv Pass Frnt Rear
2005- - - - - - - - - 5 2 4
(IIHS:G=Good, A=Acceptable, M=Marginal, P=Poor)
(US-NCAP/EURO-NCAP:5=Good,1=Poor)
(評価データの見方は下の「衝突安全性試験内容」記事をご覧下さい)

EURO-NCAPで評価に使用したテスト車情報

メーカー、モデル
Mercedes-Benz A150
車種
5ドア ハッチバック
年式
2005年モデル
車両重量
1225 kg
安全装備
dual frontal airbags, side airbags (head and thorax),
front and rear outer belts with pre-tensioners,
front belts also with load limiters,
ISOFIX anchorages and top tethers to rear seats,
belt reminders for all seats, ABS, BAS and ESP as standard.

関連情報リンク

衝突安全性試験内容
このサイトで使用している衝突安全性試験データの見方、評価方法を解説

ドイツ車衝突安全性試験
ドイツ車で自動車アセスメントを実施されている車種が一覧できます

PR

ドイツ車歴史と特徴

ドイツ車種解説

ドイツ車衝突安全性

試乗レポート

動画インプレッション

メルセデスベンツ

BMW

ドイツ車最近の話題

お知らせ