ベンツの歴史と特徴

ベンツの歴史と特徴

ベンツの歴史

ベンツは1886年にカールベンツが創設した自動車会社です。
ヨーロッパで盛んであったモータースポーツに参戦し優秀な成績を収めてしだいに名声を博しました。
メルセデスという名前は、ダイムラー社のディーラーであるエミール・イェリネックの娘の名前からつけられた名前です。

ベンツ系譜
出来事
1886年 カールベンツ会社創設
1926年 ダイムラー社と合弁
ダイムラーベンツ社となる
1950年代 ルマン24時間レースで活躍
1960年代 ミディアムクラス発売
多くの名車を世に出す
1997年 米アラバマ工場生産車の評判が悪く
一時ブランドイメージが下がる
1998年 米クライスラー社と合弁し
ダイムラークライスラー社となる
2004年 Eクラスで大規模なリコールが発生し
経営悪化
2005年後半 改良により品質は安定する

ベンツの特徴

ベンツは、世界でも最も古い自動車会社の一つです。
第二次世界大戦以前からモータースポーツに参戦し優秀な成績を収めていました。しかし、ベンツの最も大きな特徴は安全に対するこだわりでしょう。
ABS(アンチロックブレーキ)、エアーバック(airbag)など数々の安全装置を開発したのもベンツが最初です。


PR

ドイツ車歴史と特徴

ドイツ車種解説

ドイツ車衝突安全性

試乗レポート

動画インプレッション

メルセデスベンツ

BMW

ドイツ車最近の話題

お知らせ