ベンツ SLKクラス 2008年モデル動画インプレッション

ベンツ SLKクラス 2008年モデル動画インプレッション

Benz SLK-Class 2008年モデル
Benz SLK Class 2008 New Model

新型 ベンツ SLKクラスの特徴は

ベンツディーラーなどでは新型SLKと呼ばれていますが、日本で2008年5月に発売されたベンツSLKクラスは2004年にフルモデルチェンジされたR171シリーズのマイナーチェンジモデルです。

デザイン面での大きな変更はなく、前モデルを見慣れた人でないとどこが変わったのかわからないぐらいです。

電動収納ルーフのバリオルーフには変更はなく、約22秒で収納、展開できる便利さに変わりはありません。2008年モデルでは、冬季のオープンスタイルでの快適走行を助けるエアスカーフが新しく装備されました。ヘッドレストに組み込まれ電子制御された送風ファンから温風が吹き出す仕組みです。

SLKクラス2008年モデル主な変更点は次の通り

ベンツSLKクラス 2008年モデルでの主な変更点

フロントスポイラーの大型化
エアインテークが大型化し、フロントスポイラーがより強調された
ドアミラー
LED内臓の大型ドアミラーとなる
SLK200 Kompressorパワーアップ
出力  135kW (184PS) トルク 250Nm (25.5kg)
SLK350 パワーアップ
出力  224kW (305PS) トルク 360Nm (36.7kg)

ベンツ SLKクラス(2008年モデル)動画インプレッション

まずMercedes-Benzが制作したと思われるTVCMを見ましょう。
新型SLKの走行イメージがつかめます。正面から見ると、今回のリフトアップによる大型フロントスポイラーが目立ちます。

2008年モデルベンツSLKクラスのインテリアをじっくり見るなら、この動画はどうでしょう。この動画でシートに組み込まれた温風を噴き出すエアースカーフがよく見えます。

バリオルーフ開閉の様子がわかる動画です。
バリオルーフの開閉はカタログ上は22秒かかることになっていますが、この動画では少し短くなっていますね?

参照リンク

ベンツ SLK200 コンプレッサー 写真レポート
ベンツ正規ディーラーに納入されたばかりの新型SLK写真レポート

ベンツSLKクラスの動画は?
Bnez SLK 2004年モデル(R171)のコンセプトTVCMを紹介

PR

ドイツ車歴史と特徴

ドイツ車種解説

ドイツ車衝突安全性

試乗レポート

動画インプレッション

メルセデスベンツ

BMW

ドイツ車最近の話題

お知らせ